20代のうちに失敗したほうがいいと言うけれど、わざわざ失敗する必要はあるのか!?

公開日: ライフハック

acb4653f07ba27f7a0c6b0fce185e719_s

20代にやったほうがいいことを本やネットで探すと、たいてい出てくるのが、「20代のうちにたくさん失敗したほうがいい」ということ。

「やったほうがいいよ!」と言われて、わざわざ自分から失敗する人がいるとは思えません。では、この言葉の本質とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

 

若いということはやり直す時間があるということ

62527b5ae13f95a1b7d043be0ec14a0f_s

失敗しろというのは、成功できることをわざと失敗しろという意味ではありません。また、最初から失敗がわかっていることをあえて失敗するという意味でもありません。

「失敗を恐れる必要はない」ということを言っているのです。

20代で失敗したとしても、失敗から学び、それを成功へと結びつける時間もあります。気力も体力もあるのでいくらでもやり直しがきくというのがその理由です。

 

失敗する可能性が高いことにチャレンジできるのは20代まで

17591af4641675e4d51ec152a81dbafe_s

あえて失敗する必要はありませんが、失敗する可能性が高いことにチャレンジできるのも20代の特権といえます。

発明家のトーマス・エジソンは「失敗ではない、上手くいかないことが確認できた成功である。」と言っていました。

経験のないことをやって上手くいかないことを経験できたということは、それだけでもかなりの財産となるでしょう。

逆に失敗を恐れてチャレンジしなければ、いつまでたっても経験を得ることができず、立ち止まったままとなってしまうのです。

「若いうちは無駄が栄養」

~元プロ野球選手 野茂英雄~

無駄なことも、失敗したことも、すべてが自分の血となり骨となります。その経験こそが自分の成長に繋げることができるのです。

 

若いということは失うものが少ないということ

187544e86b50ed23b6aad86fec76ae81_s

年齢を重ねるにつれて、あなたは様々なモノを背負うことになります。

家族、住宅ローン、仕事上の役職、少しづつ増える収入、両親の介護など…年齢を重ねるということはそれだけ失うものも多くなるということです。

失うものが多くなれば、チャレンジする際のリスクも大きくなり、簡単にはチャレンジすることが出来なくなってしまいます。

その点、20代というのは人生の中で失うものがまだまだ少ない期間でもあります。失うものが少ないということは、リスクも少なくチャレンジできる状況が揃っているということです。

勝つことばかり知りて、負くることを知らねば、害その身に至る。

~戦国武将 徳川家康~

成功しか知らなければ、いざ失敗した時に立ち直り方を知りません。また、失敗を認めることができず、立ち直るどころかいつまでたっても引きずってしまうこともあります。

年を取ってから失敗してはやり直す時間も気力もなくなってしまいます。つまり、年をとればとるほど失うものも多くなるので、簡単には失敗できなくなってしまうのです。

だからといって失敗すればいいわけではない

7a65297273f7df80d935c8c7f513e2df_s

失敗した方がいいというのは、あくまでも「失敗からいろいろなことを学びなさい」ということを言っています。

「若いから失敗しても大丈夫」と開き直れと言っているわけではありません。

後の成功者は、若いうちに失敗から多くのことを学んできました。逆に成功できない人は、失敗から何も学ばなかったので同じ失敗を何度も繰り返します。

失敗から学ぶことができなければ、何の意味もないのです。

 

成功があるから失敗からも学べる

18fefd66e684003e597da1252104af12_s

失敗をした方がいいとは言っても、失敗ばかりではヤル気もだんだん無くなってしまいます。

成功する味を知っているからこそ、失敗から立ち直ることができるのです。常に失敗をしていては、「自分にはできない」と諦めてしまうのです。

そうならないように、小さな成功を積み重ねて自分にもできる!というモチベーションを作ることが大事です。

成功があるから失敗からも学べるのです。決してむやみに失敗していいものではありませんよ。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

人は見た目が9割!?第一印象はたいてい外見で判断されてしまう

人が、人に対する情報を得るのに主に使うのが視覚です。次に聴覚、そして嗅覚、触覚といったところ

記事を読む

Wi2 300を契約したらオプションエリアばかりで使えるエリアが全然なくなっていた

Surface 2 を買ったので、外でネットに繋げられるように、Wi2 300 を契約したの

記事を読む

電車やバスで席を譲ったら断らずに譲られて欲しい

電車やバスなどでお年寄りや、小さな赤ちゃんをダッコしている若いお母さんなどに席を譲ろうとする

記事を読む

未経験でマスコミ・出版業界に転職する方法

いつの時代も、就職で人気の業界といったらマスコミ業界ではないでしょうか。華やかな業界で、やり

記事を読む

家族に気兼ねなく趣味に没頭できるようにする方法。

好きなことをしたい。休みの日には思う存分趣味に没頭したいという気持ちがあるけれど、家族の手前

記事を読む

父親が心筋梗塞で倒れた!原因は朝のウォーキング!?いざという時の準備はしておいた方がいい

先日の朝、私の父親が心筋梗塞で倒れました。 2年ほど前に検査入院をしたときに、父親の死

記事を読む

世の中に出回る情報のほとんどが正しい情報とは限らない

Yahoo!知恵袋や、教えてgoo!などを見ると、しばし間違った情報を与えている人を見かけま

記事を読む

価値観が違うから夫婦仲が上手くいかないわけじゃない

付き合ってた時は、ものすごく仲が良かったのに、一緒に住んだり、結婚して子供ができると、急に仲

記事を読む

「知っている」「わかっている」という人ほど本当は何もわかっていない

料理が下手な人っていますよね。レシピを見ないで勘で作って下手ならまだいいんですよ。でもレシピ

記事を読む

がむしゃらに働く前に知っておきたい年収を増やす方法

世の中の人で、収入を増やしたいと思っている人はどのくらいいるでしょうか。おそらく、大半の人が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑