「アメトーーク」「ロンドンハーツ」に学ぶ仕事に使える「たくらむ技術」

7cd821f948bf483aa6c953c35a170486
by テレビ朝日 アメトーーク

人気番組の「ロンドンハーツ」と「アメトーク」のプロデューサー 加地倫三氏の著書。両番組とも毎週録画して楽しみにみている私としては、その秘訣や仕事への取り組み方など、かなり多くのことを学べたので、その内容をまとめてみます。

たくらむ技術 (新潮新書)

スポンサーリンク

 

1つ頼まれたら2つやる

PAK86_peasyorokobu1039500_R2

どこまでスムーズに進むように工夫できるか。どこまでみんなに気持ちよく仕事をしてもらえるようにできるか。やれと言われたことに、なにかもう1つプラスアルファできないか。一緒にADをしていた朝倉健(現ロンドンハーツ チーフディレクター)と、2人でそんなことばかり考えて仕事をしていました。

仕事を頼まれたとき、頼まれた仕事をこなすのは当たり前のことであり、それだけでは周りはなかなか認めてくれません。当たり前のことしかしないのであれば、当たり前を少しづつ積み重ねることにより信用を重ねて、認めてもらうしかないのです。

しかしながら、頼まれた以上のことを行うとどうでしょう。1.01の法則と同じようにプラスアルファの積み重ねにより、ただ単に言われたことだけをするよりも早く信用を得ることができます。つまり、自ら進んでやることは、信頼を得るショートカットになるのです。

1.01と0.09の法則に見る継続することの大事さ

ただ単に言われたことをやるのではなく、工夫や気配りをすることは、どの仕事をしていても必要なことです。

 

チャンスの意味を理解できるか

PAK85_lalamaittawai20140321500_R1

結局、やる気のない奴にチャンスを与えたところで意味がないのではないか、と思うのです。そういう奴は、下手をするとチャンスの意味すら分からないかもしれない。自動的にチャンスが降ってくる環境にいると、それが当然だと思って、いつの間にか「もらい癖」がついてしまう。

仕事ができない人にかぎって、「もっとチャンスがあったら」とか、「あいつはたまたまチャンスに恵まれただけだ」というような言い訳をします。それならばとチャンスを与えてみると、準備ができておらず、「事前に言ってくれれば」とか「それはやったことがないからできない」というような言い訳をします。

そもそも、チャンスなんてものは黙って待っていて降ってくるものではなく、自らがつかみに行くものです。「どこかにチャンスは落ちていないか」とか「チャンスがあったら絶対にものにする」という気持ちがある人が、そのチャンスを手に入れることができるのです。

チャンスがないのなら、チャンスがもらえるように自分で動くしかありません。自分の仕事ではないとか、得意分野ではないとか言う前に、すべて「やります」「やれます」「やっておきます」といえば、そのうち黙っていてもチャンスが転がり込んでくるようになります。

 

「言った」ではなく「伝えた」か

PAK93_kokubanimadesyo1063500_R1

報告、連絡、相談がきちんとできない人も多くいます。よくマネージャーさんたちと「言った」「言わない」で揉めているスタッフがいます。こういう時、僕は「実際にこっちが言ったかどうかが問題ではない。相手の脳、心に伝わる言い方をしなければダメなんだ」と言い聞かせています。

社会人にとって、一番重要なのは「報告」「連絡」「相談」の報・連・相 です。しかしながら、仕事ができない人はこの報・連・相が足りないことが多いという特徴があります。

勘違いしないでほしいのは、そういう人たちも報・連・相をしていないわけではないということ。していないのではなく足りないということです。本人たちにとっては、報・連・相をしているのに何が悪いんだ!という態度をとります。足りないという認識がないので、していないよりもタチが悪いです。

では足りないというのは何が足りないのか?

それは、伝えた情報だけで相手が理解できるのかという配慮が足りないのです。

相手とのコミュニケーションが完璧で、「つうかあ」の仲であれば少ない情報でも相手に伝わるでしょう。それはお互いの信頼関係があってこそ通じる方法です。

逆に、相手のことがまだ理解できていない関係や、最初から少ない情報しかない関係で、与えられた情報が足りなければ、当然のように伝わるはずがありません。伝わらないのは受け手の問題ではなく、伝え手の問題なのです。

仕事をするうえで、この伝えるということは非常に重要です。一緒に仕事をしている仲間や上司、一人で仕事をしていたとしても取引先や顧客とのコミュニケーションは必要となります。

自分の言ったことは相手に伝わっているか?伝わらないのであれば、どうやって伝えればいいか?ということを意識すれば、余計なトラブルを避けることができます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

仕事をうまく進める秘訣というのは、どの業界においても共通する部分はあります。そういった意味では、数々のヒット番組を生み出した著者の、仕事を上手くやるための秘訣は非常に参考になることばかりでした。

また、本書には著者が番組を作成する際に、スタッフに対して気をつけていることなどが書かれていたりして、チームでプロジェクトを組んで仕事をする際などにも応用できそうな内容がたくさん書かれていました。

上司やリーダーとして仕事をする人や、今後そういった立場を目指す人にはぜひ読んでいただきたい1冊です。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

【おすすめ】2015年5月に読んだ本を紹介します!!

月一恒例となった前月読了した本のご紹介です。 先月も、ギリギリでしたが目標としている月

記事を読む

【書評】「媚びない人生」がスゴ本すぎた!

なかなかインパクトのあるタイトルの本ですが、本書は慶應義塾大学大学院准教授であるジョン・キム

記事を読む

【書評】今までの子育ての常識を覆す「学力の経済学」がスゴイ!

自分の子供を育てていると、自分の育児の仕方が本当に正しいのか迷うことがあります。昔の常識が今

記事を読む

知らないと損する!?仕事ができる人とできない人の特徴5つ

仕事ができる人と、できない人では、思考や行動、感情など様々な面で違いがあります。できる人はそ

記事を読む

【おすすめ】2015年3月に読んだ本を紹介します!!

今年の目標に挙げたのは、月5冊の本を読むこと。今月もかろうじてクリアできました。 4月

記事を読む

カイジ「命よりも重い!お金の話」には正しいお金の使い方が書いてあった

40も手前になり、ようやくお金と向き合う気になりました。今年になり、お金に関する勉強を始めよ

記事を読む

【書評】「株2年生の教科書」で投資初心者からステップアップする

  投資信託や個別銘柄などに投資をするようになりましたが、まだまだ投資に関す

記事を読む

【書評】「金持ち父さん貧乏父さん」が教えてくれたのはマネーリテラシーの大切さだった

今年の目標に、できるだけ多くの本を読むことをあげました。その中で、今までちゃんと気にしたこと

記事を読む

今からでも遅くない!なにもない自分に小さなイチを足していく

by 堀江貴文ミリオンセラープロジェクト 「ホリエモン」という愛称で有名な元ライブドア

記事を読む

「一流の男を作る才能と信念の磨きかた」は誰でもできる簡単な方法だった。

ネットやAmazonのレビューなどでこれでもかと叩かれている里中李生氏の著著。本屋で平積みさ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑