「子育て世帯臨時特例給付金」もたいして知られていない。行政のサービスって本当は利用されたくないの!?

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s

横浜のベビーシッターによる殺害事件による話題がネット上で取り上げられています。

巷ではそんな知らない人に大事な子供を預けるなんてけしからん!といった批判をしている人もいます。しかし、最近ネット上ではどちらかというと、そんな批判をしてる人に対して「なんてひどいことを言うんだ!」と炎上するといった状況が多くみられます。

スポンサーリンク

 

意外に知られていない、行政の隠れたサービス!!

行政で一時預かりをしてくれるところは意外とある。

そんな中、実はそんなサイトを利用して信用できるかわからないベビーシッターに預けなくても、行政でそういうサービスがあるということが取りあげられていました。

ベビーシッター事件、ショートステイの公的施設を探しました。~海老澤由紀ブログ~

しかしながら、せっかくのサービスも、行政が積極的にアピールしていないせいなのか、その存在を知っている人がほとんどいません。私の周りの人にも聞いてみましたが、誰一人知っている人は居ませんでした。

ちなみに、最近Twitterで話題になっている「子育て世帯臨時特例給付金」。15歳までの子供がいる家庭は4月に1万円貰えるという制度ですが、このことについても私の周りに知ってる人は全然いませんでした。(ちなみに、この1万円、申請しなければ貰えません)

なんというか…、それってどうなの?って思いませんか?

なんかやることやってますよ、文句ないでしょ?的な感じ。

告知しないのは使われたくないから!?

サービスなんて使われてこそ提供する価値があります。しかし、ここまで認知されていないところをみると、必要とされてるから一応作ったけれど、大量に使われても予算無いからこまっちゃうなぁといった行政の思惑が見え隠れするのは気のせいでしょうか。

例えば、今どき何かしらのことを調べようとした場合、大抵の人はネットで検索しますよね。しかも、家のPCではなくスマホで簡単に検索することがほとんどでしょう。

そうした検索で出てくるのはちゃんとSEO対策をした民間のサービスであり、もちろんスマホ表示にも対応したサイトです。当然です、民間は知ってもらえることが最優先ですので、まずはサイトやサービスの存在を知ってもらい、利用してもらって利益をあげます。

なのでSEO対策やスマホ対応はサイトを立ち上げたときの最優先事項として行います。

しかしながら、行政の提供するサービスの告知方法は、一応、市のホームページに載っていたりはしますが、検索でヒットするわけでもありませんし、市のホームページのTOPページからも、なかなか行きつくことができません。それは、未だに紙媒体のものがメインだからです。

 

行政の本気はどこにあるのか!?

紙媒体メインなのは行政が本気でないから!?

確かに色々な世代に告知しなければならないのでネットが苦手な世代にも伝わるように紙媒体をメインにしなければならないのも理解はできます。しかし、小さい子供がいる親などに対するサービスの告知などはネットがメインでも良いのではないでしょうか?

今どきの若い世代の人たちは、市役所に足を運ぶこともほとんどなく、紙媒体のようなアナログな告知を見る機会がありません。一応、市の広報誌などでも告知し、各家庭にポスティングされていることもありますが、見ないで捨てるケースも多いでしょう。

そうなると当然のようにサービスがあることすら知らないといった状況が出来上がってしまうのが現状なのです。行政も本気で告知してはいないのでSEO対策なんてするはずもありません。

では何故本気で告知しないのでしょうか?

行政の行うサービスを決めるのは政治家です。政治家にとって必要なのは、やはり選挙です。よって、投票率の高いお年寄世代に対するサービスを充実するのが当たり前です。

逆に、投票率の低い若い世代に対するサービスなんて意味がありませんので真剣に取り組んでもらえるわけがありません。

告知にしても、お年寄りは役所等での紙媒体のチラシや張り紙で情報を仕入れます。ネットなんてしない人の方が多いのですから、紙媒体の広報誌などに予算をかけるほうが重要なのです。なので、わざわざお金をかけてSEO対策やスマホ対策などする予定もありません。

若者よ、選挙へ行け!!

今回の事件により注目度が高まったため、もしかしたらSEO対策やスマホ対応などが進むかもしれません。

しかし、せっかく高い税金を取られているのですから、自分たちにとって役に立つサービスを行政にてどんどん考えてもらったほうがいいに決まっています。そのために何をするべきか…。

単純です。選挙に行けばいいのです。

まずは選挙に行きましょう。入れる人や政党がなければ白紙投票でもいいのです。

若い世代が選挙に行き、投票率が上がればもっと良い世の中になるはずです。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

ブログの更新情報はこちらでも配信しています。

follow us in feedly

 

関連記事

「カープ女子」急増中!!広島東洋カープが突然人気になった理由とは!?

photo by 広島東洋カープ オフィシャルサイト 15年連続でBクラスだった広島東

記事を読む

電車やバスで席を譲ったら断らずに譲られて欲しい

電車やバスなどでお年寄りや、小さな赤ちゃんをダッコしている若いお母さんなどに席を譲ろうとする

記事を読む

今年こそ才能開花か!?横浜DeNA筒香嘉智にみる指導者の重要性

photo by 横浜DeNAベイスターズ 入団時から大きな期待をかけられ、なかなかそ

記事を読む

未経験者の転職での採用の決め手は、どれだけ本気度が伝わるかどうか

昨日のエントリーでは、業界未経験者がマスコミ業界に転職する方法をpostしました。ただ、未経

記事を読む

死ぬまでにしたい100のこと

最近、Twitterでよく絡んでいただいているTKalice さん(@hiroumi3799

記事を読む

2014年高校野球 夏の甲子園開幕!注目校や注目選手など大会の見どころを紹介します

  本日より、第96回全国高校野球選手権大会(2014年夏の甲子園) がつい

記事を読む

【横浜DeNAベイスターズ】毎年Bクラスのチームで王道采配を振るってしまった中畑監督の失態

photo by 横浜DeNA BAYSTARS 昔からブログで話題にしてはいけないものとして

記事を読む

「BABYMETAL」に見る、異なるものをかけ算して「レアな存在」になるということ。

photo by BABYMETAL BABYMETAL が最近気になるという話は以前

記事を読む

今さらながら2016年の振り返りと近況報告など

ブログの更新をやめてから、気がつけばアッという間に1年が過ぎていました。 もともと、意

記事を読む

衆議院選挙公示!若者は何故選挙に行かないのか!?

衆議院が解散し、2日に選挙が公示されました。12日間の選挙戦を経て、投票日を迎えます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス


follow us in feedly
空気のつくり方
【書評】池田純「空気のつくり方」はベイスターズファン以外の人も必読のマーケティング本だった

場の空気ってありますよね。その場の空気を読める人はコミュニケー

【ベビー服】女の子の赤ちゃんへの出産祝いやプレゼントにおすすめの服(ブランド)を紹介!

昨年の9月に待望の娘が生まれまして、自分のものよりも娘のものに

不平不満や文句ばかり言う人の特徴7つ!いつも不満を口にする人は常に何かに不満を持っている

いつも不満ばかり言う人っていますよね。何かにつけて文句ばかり言

【終活】親が死んだあとのことを考えて終活について真面目に話し合ってみることにした

突然心筋梗塞で倒れた私の父ですが、先日無事に退院することができ

お金に無頓着な人は自分の命を無駄にしているのと同じ

かつての自分は、お金に対して本当に無頓着でした。稼いだ金を無駄

→もっと見る

  • 名前:コヤマタカシ
    上場企業で働きながら週末社長として起業しました。起業した記録とマインドハックを備忘録として記録しています。
PAGE TOP ↑